日本古来の技術で治療する「鍼灸」と「整体」の治療院
悠身堂鍼灸整体院 - 大阪府大阪市
おちゃのこ彩々

発表会当日

" 雑記 "

2019年2月9日

こんにちは久保田です。

 

今日は娘2人の幼稚園の発表会がありました。

ちゃんとできるか親も心配でしたが2人とも元気にやりとげてくれました。

 

 

年少の劇

 

最初は年少の次女の劇から見ました。

その日の気分にムラがあり、不機嫌なときはとことんやらない性格なのでちゃんとやってくれるか不安でした。

 

しかしそんな不安も吹っ飛ばしてくれるくらいの元気と大きな声で、自分の役をこなしてくれました。

 

家での練習の成果も出て一安心です。

 

幼稚園に入園して約1年経ちます。

 

どちらかといえば行きたくないと言う日が多く、「あまり幼稚園が合ってないのかな」と心配になるときもありましたが、本当にここまでよく頑張ってくれたと思います。

 

 

年中の歌

 

次は年中の長女の歌です。

 

長女に関しては日頃からとてもしっかりしていて親の言うこともよく聞いてくれているので、こういう行事のときもあまり心配はしていません。

 

予想通り歌も楽器もそつなくこなしていました。
普段から妹のわがままをよく聞いてくれて、自分のやりたいことや買いたいものを我慢してもらうことが多いです。

 

どうやら幼稚園でも自分のやりたい楽器や役も我慢してお友達に譲っているみたいです。

 

周りに迷惑をかける子ではないので親としてはありがたいのですが、もっと自分のやりたいことや欲しいものを主張してほしいなと申し訳ない気持ちにもなります。

 

これから長女にはもっと親に対してわがままを言って、自己主張をしてほしいなと思います。

 

 

年少の歌

 

少し休憩をはさんで今度は次女の歌を聞きました。

 

歌も練習の成果をしっかり出してくれて、大きな声で歌い、そして楽器もうまくリズムをとって行なっていました。

 

クラスのお友達ともお話をしたりコミュニケーションをとっている姿も見えて、普段の幼稚園生活を垣間見ることができました。

 

来年度以降もとても楽しみです。

 

 

年中の劇

 

最後は長女の劇です。

これには正直言って感動しました。

 

劇の完成度の高さもそうですし、クラスのみんなが本当に元気よく息を合わせて行っている姿に目を奪われてしまいました。

 

長女からは普段からお友達とよく遊んでいる話を聞いていましたが、本当にみんな仲が良いんだなというのを感じることができました。

 

また担任の先生もとても楽しそうにナレーションをしたり、ピアノを弾かれていました。

 

そんな担任の先生のカラーもクラスのカラーも出ていて、本当にすごかったです。

 

また4月になるとクラス替えがあるみたいですが、親も子どもも良い思い出を作ることができました。

 

また明日から家族みんなで元気に暮らしていきたいと思います。

この記事を書いた人
カテゴリー: 雑記. タグ: .
  • 06-6720-8830
  • 大阪府大阪市東成区大今里1-20-29 HIDEビル301号
  • お問い合わせ
Twitter