日本古来の技術で治療する「鍼灸」と「整体」の治療院
悠身堂鍼灸整体院 - 大阪府大阪市
おちゃのこ彩々

【骨盤の痛み】仙腸関節障害の治療

" 整体, 鍼灸 "

2019年2月20日

こんにちは久保田です。

 

前回は仙腸関節の構造や機能、仙腸関節障害の症状について書きました。

 

>関連記事:【骨盤の痛み】仙腸関節障害とは

 

今回は僕が行なっている仙腸関節障害の治療について書いていきます。

 

 

仙腸関節障害に対する鍼灸治療

鍼灸と整体の違いに関係なく仙腸関節障害の治療をするときに大切なことは、どの姿勢どの動きでどの部分が痛むのかを把握することです。

 

座ってて痛むのか、中腰で痛むのか、関節の部分が痛むのか、筋肉の部分が痛むのかなどによって手技の内容が変わってきます。

 

鍼灸治療、特に僕が使っている「整動鍼」の技術で大事なことは痛みの原因となっているツボを見つけてそこに鍼をするということです。

 

痛みには必ず原因があります。

そしてその原因は多くの場合痛みがある場所とは離れた場所にあります。

 

もちろん痛みがある場所に鍼をするのも間違いではないのですが、一時的な鎮痛・和痛にしかならないことが多いです。

 

患者さんをその痛みから解放し、1日でも早く治療院から卒業してもらうにはやはり原因となっているツボに対して治療をしなければなりません。

 

この仙腸関節障害の痛みのときには原因として考えられるツボはたくさんあります。

  • 肩甲骨周辺のツボ
  • 足のすねにあるツボ
  • 胸椎と関係するツボ
  • 肘のツボ

などを患者さんが痛む姿勢や動作、日常生活のことと照らし合わせながら選ぶ必要があります。

 

さらに仙腸関節は股関節や腰椎の動きとも関連しているので、そのあたりの動きも考慮しながら原因を探ることになります。

 

なかなか簡単に原因のツボは見つかりませんが、そこに鍼をしたときには劇的にそして即効的に痛みがとれます。

 

仙腸関節の痛みは慢性化しやすく日常生活の中でも出やすいので、やっかいに感じられている方も多いと思いますが、原因となっているツボに鍼をすることで効果的に治療することができます。

 

 

仙腸関節障害に対する整体治療

鍼灸治療では痛みの原因となっているツボに鍼をすることを重要視しました。

 

整体治療で僕が大切にしているのは次の二つです。

  1. 股関節・骨盤の歪みをとる
  2. 股関節・骨盤の動きを正常にする

この二つを整えるだけで仙腸関節の痛みは緩和されます。

 

まず最初に歪みですが、骨盤は下から股関節に支えられているので骨盤の歪みを正そうとしたら、まず股関節の歪みを正さなければなりません。

 

左右の股関節と骨盤、そして真ん中の仙骨がすべて正しい位置に戻ると関節の適合性がよくなるので、そこから生じていた痛みがかなり緩和されます。

 

それと同時進行で動きも整えていきます。

身体は動かないことで痛みを感じるようになっているので、それぞれの関節が「何をしても大丈夫」という状態で動けるように調整します。

 

関節がスムーズに動けるようにするには筋肉の過緊張をとる必要があります。

これには色々やり方はありますが、僕は主に「導引」と「操法」という方法を用いて調整しています。

 

股関節・骨盤の歪みと筋肉の過緊張がとれ、スムーズに動けるようになると痛みがあった姿勢や動きをしてみても痛みを感じなくなっているはずです。

 

このように歪みと動きを調整することはとても大事です。

セルフケアでもある程度の歪みを整えることができるので、よかったら試してみてください。

 

>関連記事:ストレッチポールで骨盤の歪みを整える方法

 

それでは、仙腸関節の痛みでお悩みの方は鍼灸と整体で効果的に治療できますのでぜひ一度受けてみてください。

 

 

悠身堂鍼灸整体院

電話でご予約

06-6720-8830

LINEでご予約
友だち追加

*完全予約制

 

この記事を書いた人
カテゴリー: 整体, 鍼灸. タグ: .
  • 06-6720-8830
  • 大阪府大阪市東成区大今里1-20-29 HIDEビル301号
  • お問い合わせ
Twitter