大阪市東成区 – 日本古来の技術で治療する「鍼灸」と「整体」の治療院
悠身堂鍼灸整体院 - 大阪府大阪市

気持ちいいお灸

" 鍼灸 "

2019年1月30日

こんにちは。

悠身堂鍼灸整体院の久保田です。

 

寒い日が続いてますので冷え性の方は特に手や足の先が冷えているのではないでしょうか。

皆さんは冷えがあるときどのように対処されていますか?

 

 

身体の冷え

 

冬になり気温が下がると当然寒さを感じますよね。

冷えというのは触ってみて冷たく感じたり、自覚的に冷えていると感じる状態のことをいいます。

 

この時期冷え性の方は特に辛いと思いますし、中には1年中冷えを感じるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

皆さんは冷えを感じるとどのような対処をされますか?湯船に長く浸かる、カイロを貼る、何枚も重ね着をする、運動をする、などいろんな対処法があると思います。

 

 

なぜ冷える

 

そもそも冷えを感じるときというのはどういうときでしょうか。

 

自律神経は身体の体温調節に関わっています。気温が下がると自律神経が血管が収縮させて、体内の熱を逃さないようにします。体温を保つために大事なことです。

 

ただ血管が収縮することにより血液の流れは悪くなります。それによって末端の手や足の先には血液が行きにくい状態になります。結果として冷えを感じるようになります。

 

これ以外にも精神的な緊張が強くて交感神経の働きが強くなり末端の血管が収縮して冷えるパターンや、筋肉の緊張が強くて血流が悪くなっているパターンもあります。

 

まずは単純に気温の変化なのか、精神的緊張なのか、筋肉の緊張なのかなど冷えの原因をつかむことも大事です。

 

 

お灸で冷え解消

 

冷えを改善する方法として、もちろん鍼も血流をよくしたり、自律神経を整えたり、筋肉の緊張をとることで冷えを改善する効果があります。

 

当院ではその鍼に加えてお灸も行うことで冷えを改善しています。お灸にも皮膚に直接もぐさを置いたり、皮膚ともぐさの間に生姜などを挟んだりといろんな種類があります。

またお灸は市販でも手に入ることから、ご自宅でも気軽にできる方法としてだいぶ知られてきました。

 

そんなお灸の中に箱灸と呼ばれる方法があります。これは皮膚に直接行うお灸ではなく、箱の中にもぐさを入れたり棒状のもぐさを立てて、その熱で間接的に体を広範囲に温める方法です。

 

煙が多いのが難点ですが、冷え改善にとても効果がありさらに気持ちいいお灸なんです。箱灸を下腹や腰にすることが多いのですが、程よい熱量で体全体がポカポカしてくるのがわかります。女性やご高齢で冷えがある方にこの箱灸をするととても喜ばれます。

 

また下腹や腰を温めてリラックスすることで、血流の悪さ、自律神経の乱れ、筋肉の緊張すべてに対して効果があります。

 

ご自宅でカイロなどを使って代用する場合、まず下腹や腰を温めて全身の循環をよくして、それから局所的に冷えている部分を温めるのがおすすめです。ぜひお試しください。

 

それでは体をしっかり温めて、寒い冬を乗り越えましょう。箱灸を受けたい方はお待ちしてます。

 

 

悠身堂鍼灸整体院

電話でご予約

06-6720-8830

LINEでご予約
友だち追加

*完全予約制



この記事を書いた人

悠身堂鍼灸整体院 院長の久保田です。
高校生の時にケガをしたのをきっかけに治療や運動療法に興味を持ち、今の仕事を志し、鍼灸師になってからは大阪の鍼灸院、整骨院で年間約5000名の患者さんの施術を行ってきました。
色々な情報や身近で起こったこと、気になることなどを書いていきたいと思います。

カテゴリー: 鍼灸. タグ: , , .
  • 06-6720-8830
  • 大阪府大阪市東成区大今里1-20-29 HIDEビル301号
  • お問い合わせ