日本古来の技術で治療する「鍼灸」と「整体」の治療院
悠身堂鍼灸整体院 - 大阪府大阪市
おちゃのこ彩々

姿勢と痛み

" 整体 "

2019年2月6日

こんにちは久保田です。

 

皆さんは普段ご自身の姿勢を意識されていますか?

 

治療院やジムに行くと姿勢のことをよく言われますよね。その痛みは普段の姿勢が原因だとかトレーニングをして正しい姿勢にしましょうとか。

 

そもそも姿勢不良と痛みは関係あるのでしょうか?

今回はそんな姿勢と痛みについて書いていきます。

 

 

正しい姿勢

 

よく正しい姿勢という言葉を耳にしますが、教科書的に正しい姿勢というのは、前から見たときに両目、両肩、骨盤の高さが一緒で中心線が両脚の真ん中にあります。

 

また横から見たときは耳、肩、股関節、外くるぶしが一直線になっている状態です。このような教科書的に理想な姿勢になると筋肉や関節にかかる負担が最小限になり、痛みなどの症状が出にくいと言われています。

 

ただこれまでの臨床の中で姿勢をチェックすると、正しい姿勢をとれている人はほとんどいません。ほぼ必ずと言っていいほど左右や前後にずれています。

 

しかし、正しい姿勢がとれていないにも関わらず痛みなどの症状が全くない人もいます。さらに痛みがある人に対して姿勢が戻るような治療をしたり運動をしても、痛みがとれる人もいれば痛みがとれない人もいます。

 

もちろんいろんな原因があるので姿勢だけのせいにしてはいけないのですが、本当に痛みと姿勢が関係あるのかどうか疑問になってきます。

 

 

大まかな姿勢と細かい姿勢

 

結論からいうと痛みと姿勢は関係があります。ただ先ほどの教科書的に理想的な姿勢に戻すだけでは僕は不十分だと感じています。

 

教科書的に理想的な姿勢というのはあくまで大まかな姿勢です。「頭」「胴体」「脚」という風に身体をブロックに分けてその相対的な位置関係を見ています。

 

その大まかな姿勢が良くなって痛みがとれる人はいいですが、痛みがとれない人の関節を細かく見ると、股関節の左右の位置や骨盤・仙骨、背骨の関節のズレや捻れ、肩の関節のズレなどが残っていることがほとんどです。

 

このズレというのは数ミリなのですが、それでも数ミリのズレが残ることによって痛みが生じてしまいます。そして細かい関節のズレや捻れを元の位置に戻すと、ほとんどの場合痛みはとれます。

 

なので姿勢を見るときには大まかな姿勢と細かい姿勢の両方を見なければいけません。

 

 

木も森も見る

 

「木を見て森を見ず」というように、視点の距離感を表すのに木と森がよく使われますが、姿勢を正す治療を行う場合両方見て改善する必要があります。

 

大まかな姿勢はトレーニングやストレッチなどのセルフケアで正すことができますし、当院でもセルフケアの方法をお伝えしています。

 

しかし、細かい関節のズレなどはセルフケアではどうすることもできません。治療により正すこと以外方法はないと思います。

 

普段正しい姿勢を意識して、その姿勢を維持しているけど痛みがあるという方。おそらく細かい関節のズレが残っている状態です。「森」だけでなく「木」の部分も治療されることをオススメします。

 

 

悠身堂鍼灸整体院

電話でご予約

06-6720-8830

LINEでご予約
友だち追加

*完全予約制

 

この記事を書いた人
カテゴリー: 整体. タグ: .
  • 06-6720-8830
  • 大阪府大阪市東成区大今里1-20-29 HIDEビル301号
  • お問い合わせ
Twitter